川澄健のすしで伝える日本文化

すしの仕事に転職したい人の為にできた、すし専門学校で教えています。 世界でも大人気の「すし」 日本のすばらしい食文化を海外の人達に 日本の若者達にも、すしの歴史とその当時の日本文化を紹介してゆくブログです。 

東京の築地にある すしの学校 日本すし学院 インストラクターの川澄健 が楽しいすし情報をのせています。

今日は可愛い女の子がお寿司を体験に来ました。いつもお世話になっている旅行会社からのお客さん。魚のさばき、寿司ネタ切り、握り練習、本番握りをしました。ご家族のようでママもパパも優しそうです。日本で買ったぬいぐるみを気に入って持ってました。動物のぬいぐるみが ...

すし学院で4カ月マスターコースをを終了したFさん築地で人気のある老舗の寿司店へ紹介しました。朝早くから終電近くまでの厳しいお店でしたがその分覚える仕事も沢山あり彼にとっては為になったようです親方さんもチャレンジさせてくれたようでカウンターで握るまでになりま ...

江戸前をうたっているお店ではシンコが楽しまれています。昔は大衆的な江戸前ネタのコハダ江戸時代から好まれ寿司屋の代表的なネタの一つですね。そんなコハダの授業生徒たちは真剣に見ていました。そんなか昔から変わらない独特の下し方ですが9期生の紅一点の生徒さんが一 ...

★昨日はアメリカから日本観光に来ている家族がきました。子供たち魚をさばくところから握りずしになるまでを見てすしネタを切って、すしを握って、楽しい日本文化体験になったかな??朝から築地見学をしてうちの学校ですし体験授業を受けそれでお昼ご飯にして、次の観光へ ...

日本すし学院では3級を取得した生徒さん対象に飾り巻き寿司レベルアップ講座を始めました。今月は人気のキャラクターシリーズです。今日は皆さん最後に楽しい顔ができて喜んで帰りました。次回のキャラクター巻き講座は7月10日です。飾り巻きずし検定講座のお申し込みは ...

くまもと応援今月開催しましたチャリティーイベントの参加費全額と別に寄チャリティーの報告付していただいた方々からの義援金などが総額208080円となりました。先日皆様のお気持ちをまとめて熊本県に寄付させていただきました。被災された方々の平穏な日常が1日でも ...

日本すし学院の飾り巻ずし検定講座が6月から新たにメニューも変わりスタートします。今回は私の新本より楽しい飾り巻ずしの絵柄を沢山勉強していただきます。3回コースを受講して3級を取得した方はレベルアップ講座も受講できます。  (3級にテストはありません3回受講 ...

日本すし学院の飾り巻ずし講座は名称に検定とついていますが、基本は趣味のカルチャー講座です。気軽にいつも7千円で飾り巻を2~3種類楽しんでもらえ3回受講すると自動的に3級認定証をもらえます。検定なんかやらないという方にも年間36種類以上楽しみながら夕飯のお ...

今月からの季節講座は「カブト」と「鯉」お節句は終わりましたが充分喜ばれる創作ずしです。これをヒントに各地大名のカブトを作ってみるのも面白いと思いますよ。マグロ、サーモン、玉子焼き、かまぼこ、野沢菜、黒ゴマなど入り美味しいです!作って楽しんだあとは6回休憩 ...

本日は毎週日曜日5回コースの入門講座最終日マダイを1名に1匹、3枚下しから、湯引き、刺身、すし5日間の成果は握り1人前とタイの刺身のセットを作ること丁寧に細かくポイントを説明してくれます。この方は魚下すのが初めての人、5日目でタイは厳しいか?でもそんな時 ...

4月16日 土曜日本日はドイツの有名車メーカーの方達の握りずし体験でした。日本の食文化に興味ありあり!みなさん握りずしは初めての人も多かったですが真剣にラップを巻いたシャリの握り手順を練習してくれました。職人の握りずしやネタ切り競争なども楽しんでいました ...

5日火曜のテーマは「すし市場の動向」日本すし学院のマスタークラスは専門家が来て講義をしてくれます。まずはすしの歴史から始まりすしの移り変わりから講義そして消費者の動きや現在の状況最新の冷凍庫の話やすしロボット、商売の形態、そして出店に際してのポイントや物 ...

先週はアメリカやカナダから2組の寿司体験ツアーのお客様が楽しんで帰りました。さすが北米の方達はすしに馴染みがあるせいか皆さん食べて帰りました。ネタ切りも挑戦しましたがグラムピッタリの方はなかなか出ません。それでも握りずしは一生懸命手順を覚えていましたよ日 ...

日本の子供たちに正しい「すし」の知識や歴史、すしの為に働く人たちの事、流通などを知ってもらおう!という思いで「すしの辞書を作ろう!」と昨年の4月に企画が上がりました。私が全体の監修とすし画像や仕込み、歴史の確認などを携わらせていただきました。今春から全国 ...

昨日はニュージーから大使館関係の方達が寿司を体験に来ました。オージーの方たちは陽気な人が多いです。まずは1匹の魚から握りずしが出来るまでを見せます。まずはブリの解体から握りずしまでの流れ。そして皆で寿司ネタの切り付けゲーム、結構盛り上がります。10gで4切 ...

今日は昨日〆たコハダ、サヨリなどを使った寿司を教えました。針魚、細魚などの字が使われますが読みかたどおり細長い魚です。とてもきれいな模様の上品な魚です。でもお腹の内膜が黒いので「姿きれいで腹黒い」などとも言われあまりよくない呼ばれ方もする魚です。さばき方 ...

2か月コースのベーシック後期のテストが明日から始まります。中型魚のさばき、切り付け、握り1人前、2人前盛り込み笹切り、など生徒は必死になって頑張ってくれています。今日は使う魚も盛り沢山!1人マダイ1匹、ワラササイズ2匹。粗仕込みの時間、3枚下しの時間、サ ...

今はビニールのバランが有ったりレーザーで切れたりしますが包丁1本で切る笹切りの技はたとえあまり使わなくてもすし屋さんの若い人にはぜひ覚えてほしい仕事です。私も20代の頃が一番若い衆達で競って切っていました。そんな修業時代の海老型という先が広がるタイプの笹 ...

ベーシック講座後期のヒラメ授業でした~きょうは1.5Kほどの天然平目が入荷しました。もちろん1回教わっただけでできるほど甘い魚じゃない包丁の切れ味が悪いと上手にできません良い仕事をするにはまずは道具の手入れから。スキ引きといって包丁でウロコをとる作業です ...

↑このページのトップヘ